Recent Posts

小林広直 (Kobayashi Hironao)

著書

〇「〈我仕えず〉、ゆえに我あり――間違いだらけの説教と狡猾なスティーヴン/ジョイスの戦略」金井嘉彦・道木一弘編著『ジョイスの迷宮ーー『若き芸術家の肖像』に嵌る方法』、言叢社、2016年12月、99-118頁

 

〇「亡霊の声に耳を澄ますこと――「痛ましい事件」の憑在論的読解」金井嘉彦・吉川信編著『ジョイスの罠――『ダブリナーズ』に嵌る方法』言叢社、2016年2月、239-62頁

 

〇「英語圏の文学1――イギリスとアイルランド ジョイスとモダニズム」森山直人編『近現代の芸術史 文学上演篇Ⅰ 20世紀の文学・舞台芸術』藝術学舎、2014年1月、21-36頁

 

論文

 ①学位論文(修士・博士)

〇『James JoyceにおけるTraumaを描くこと』(修士論文)、早稲田大学、2010年3月

 

Joyce, Trauma, and History: The Representations of Ghosts in “The Dead” and A Portrait of the Artist as a Young Man (MA Thesis). University College Dublin, 2014.8

 

 ②学術論文

〇「Haunted CastleとしてのClongowes Wood College――『若き日の芸術家の肖像』の第1章における歴史的英雄の亡霊表象について――」 Joycean Japan No.28、日本ジェイムズ・ジョイス協会、2017年6月、19-34頁

 

〇「失われた起源を求めて――『若き日の芸術家の肖像』第一章第一節再読――」『英文学』、早稲田大学英文学会、第103号、2017年3月、38-52頁

 

〇「回想による時間の圧縮と逆行──『若き日の芸術家の肖像』第1章における時間軸の歪みについて──」 Joycean Japan No.27、日本ジェイムズ・ジョイス協会、2016年6月、20-35頁

 

〇「ジェイムズ・ジョイス『若き日の芸術家の肖像』における歴史意識の変遷」『英文学』、早稲田大学英文学会、第102号、2016年3月、13-28頁

 

〇"Rereading “The Dead” as Ghoststory." Joycean Japan No.26、日本ジェイムズ・ジョイス協会、2015年6月、21-34頁

 

「ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』の「テレマキア」における動物のイメジャリー ――食屍鬼、獣、亡霊――」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第57輯(第二分冊)、2012年2月、3-16頁

 

〇「James Joyce Ulyssesに見るStephen Dedalusと歴史について」『ほらいずん』第42号、早稲田大学英米文学研究会、2010年3月、1-15頁

 

〇「James Joyce「姉妹たち」における「不気味なもの」とトラウマを描くこと」『ほらいずん』第41号、早稲田大学英米文学研究会、2009年3月、13-26頁

 

学会発表

〇「死んだ神父の『灰色の顔』は何を語るか──ジェイムズ・ジョイス『姉妹たち』における亡霊と〈不気味な笑い〉」新英米文学会第48回大会、千葉工業大学、2017年8月26日

 

〇「Haunted CastleとしてのClongowes Wood College――ジェイムズ・ジョイス『若き日の芸術家の肖像』における亡霊表象について」 日本英文学会関東支部第13回大会、フェリス女学院大学、2016年11月12日

 

〇「「間違い」だらけの地獄の説教と「狡猾な」スティーヴン/ジョイスの戦略――『若き日の芸術家の肖像』第3章再読」 日本英文学会第88回大会(於京都大学)、2016年5月29 日

 

〇「失われた起源を求めて――『若き日の芸術家の肖像』第一章第一節再読――」 早稲田大学英文学会第55回大会、2015年11月

 

〇「手紙を読むブルーム――『ユリシーズ』を読む手引きとしての手紙――」 日本英文学会中国四国支部第68回大会(於広島修道大学)、2015年10月

 

〇「スティーヴンの「悪夢」はいつ始まったか――『若き日の芸術家の肖像』における歴史について」 第46回新英米文学会大会シンポジウム(於東洋大学)、2015年8月

 

〇「逆行する時間――『若き日の芸術家の肖像』第一章における「歪んだ」時間軸について」 日本ジェイムズ・ジョイス協会第27回研究大会(於関西学院大学)、2015年6月

 

〇「亡霊譚としての「死者たち」―― Re-reading “The Dead” as Ghoststory」 日本英文学会関東支部第7回(於明治大学)、2013年6月

 

〇「ジョイスと動物:「キルケ」における犬と狐の表象――Who Is Beastly Dead?」 日本ジェイムズ・ジョイス協会第25回研究大会シンポジウム(於京都大学)、2013年6月

 

〇「『ユリシーズ』の「テレマキア」 における動物表象」 早稲田大学英文学会第51回大会、2011年11月

 

〇「自己との距離――James Joyce and Mr Duffy in “A Painful Case”」 日本ジェイムズ・ジョイス協会第22回研究大会(於早稲田大学)、2010年6月

 

〇「James Joyce Ulyssesに見るStephen Dedalusと歴史について」 早稲田大学英文学会第49回大会、2009年11月

 

〇「James Joyce「姉妹たち」における「不気味なもの」とトラウマを描くこと」 早稲田大学英文学会第48回大会、2008年11月

 

書評

〇「Margot Norris, Virgin and Veteran Readings of Ulysses」 Joycean Japan No.24、日本ジェイムズ・ジョイス協会、2013年6月 (pp.70-71)

 

〇「都会派哲学詩人の止まない歩み ミホール・オシール 『愛のくらし』 清水重夫訳」 図書新聞3086号、2012年11月17日

 

〇「Luke Thurston, James Joyce and the Problem of Psychoanalysis」 Joycean Japan No.23、日本ジェイムズ・ジョイス協会、2012年6月 (pp.106-07)

 

〇「『ユリシーズ』から学ぶふたつの「ART」 D・カイバード 『『ユリシーズ』と我ら』 坂内太訳」 図書新聞3057号、2012年4月7日

 

その他

〇「『ユリシーズを燃やせ』のためのブックガイド」ケヴィン・バーミンガム、『ユリシーズを燃やせ』、小林玲子訳、柏書房、2016年8月、454-60頁

 

〇「隠された/埋葬された夭折の革命家――ジェイムズ・ジョイス『若き日の芸術家の肖像』におけるウルフ・トーンについて」(研究ノート) New Perspective No.47、新英米文学研究、2016年7月、25-27頁

 

〇「〈読者共同体〉の片隅に」『ジョイスの罠―『ダブリナーズ』に嵌る方法』紹介文、2016年2月

 言叢社ホームページ

 

〇「ジョイスと動物:「キルケ」における犬と狐の表象――Who Is Beastly Dead?」 (シンポジウム報告) Joycean Japan No.25、日本ジェイムズ・ジョイス協会、2014年6月(49-59頁)

 

〇"Writing Alter-Egos at a Little Distance: On “A Painful Case”." (研究発表報告) Joycean Japan No.22、日本ジェイムズ・ジョイス協会、2011年6月(5-17頁)

 

賞罰

〇Charlotte Kelleher Memorial Award (book prize), University College Dublin, 2014.10

 

〇T. Augustine Martin Memorial Award (1,000 Euro), University College Dublin (Anglo-Irish Literature and Drama MA Programme首席卒業生として), 2014.10

 

競争的資金

〇科学研究費 若手研究(B): 2016.4.1 – 2018.3.31

ジェイムズ・ジョイスは歴史の悪夢を見るか:亡霊表象の理論/歴史的読解

 

 

所属学会

早稲田英文学会

日本ジェイムズ・ジョイス協会

日本英文学会

新英米文学会

 

学会及び社会における活動等

2014年6月~  日本ジェイムズ・ジョイス協会 事務局員

 

学歴

1999年4月~2002年3月 早稲田大学高等学院

2002年4月~2007年3月 早稲田大学第一文学部英文学専修 

2007年4月~2010年3月 早稲田大学文学研究科修士課程(英文学) 

2013年8月~2014年9月 

University College Dublin(国立アイルランド大学) MA Programme: Anglo-Irish Literature and Drama 修了(首席)

2010年4月~2017年3月 早稲田大学文学研究科博士課程(英文学コース)

 

 

職歴

2002年4月~2015年3月 学習塾「卵の集会所」 講師

2009年4月~2010年3月 私立北豊島高校 英語非常勤講師

2010年4月~2013年3月 早稲田大学本庄高等学院 英語非常勤講師

2013年8月~2014年6月 

University College Dublin(国立アイルランド大学) 応用言語センター 日本語非常勤講師 使用言語:英語

2013年9月~2014年6月 

ダブリン私立 St. Andrews高校 国際バカロレア講師 使用言語:日本語

2015年4月~2017年3月 早稲田大学文学学術院英文学コース助手

2016年4月~      大妻女子大学 英語非常勤講師

2017年4月~      早稲田大学 英語非常勤講師

            日本学術振興会特別研究員PD

                    (一橋大学大学院法学研究科)